MVNOと契約する前に縛りの有無を確認しておこう

MVNOと契約するにあたって、縛りの有無は必ず確認しておきたいところです。


縛りとはなにかというと、最低利用期間のことを指します。



たとえば、契約月は料金が日割りになるMVNOと契約した場合、一日だけ使って即解約すれば一日分の料金を払えば済むのかというと、そうはなりません。
多くのMVNOサービスでデータ通信専用SIMの場合は一カ月、音声SIMの場合は一年間程度の最低利用期間が設定されており、それより早く解約すると料金とは別にお金を払わないといけないようになっているからです。

データ通信専用プランの場合、最低利用期間は設けていませんと規約に書かれたMVNOサービスも少なくありませんが、そういったところは、契約日の次の日に解約を申し込んだとしても、それが処理されるのが一カ月後、あるいは二カ月後という風になっていて、強制的に一定の契約期間が設けられるようになっています。
縛りがきついのはやはり音声SIMの方で、一度、契約したら一年以上、そのSIMを使い続けるという覚悟を持っておいた方がいいでしょう。なぜ音声SIMの場合、最低利用期間が長くなってしまうのかというと、MNPというシステムがあるからです。
MVNOから大手携帯キャリアという移行でも成立し、格安SIMで利用していた電話番号を大手携帯キャリアのSIMでそのまま使い続けることができます。



しかし、MNPの特典につられてあまりにも早く契約者が移行してしまうと、まったく儲けを出すことができません。
そのため最低利用期間を長くして、利益を確保しているのです。