MVNOはどんな人でも契約できるのか

MVNOはどんな人でも契約できるのか

main-img

MVNOサービスはどのような人でも契約が可能なのでしょうか。

まず、契約するにあたって一番問題になるのがクレジットカードの有無です。

MVNOの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

MVNOは代金の支払いをクレジットカードでしかできないとしているところが多いため、銀行振り込みやコンビニ払いといった決済方法はほとんど使えません。そのため、クレジットカードを持っていないと契約できない可能性が高いのです。

ただ、クレジットカードの代替としてデビットカードを使う方法があります。
デビットカードは基本的に銀行口座を所持していて、その銀行がクレジットカードブランドのついたデビットカードを発行していれば、ほとんど審査なしで所持することが可能です。



しかしながら、デビットカードでの支払いを拒否しているMVNOも少なくないので、契約できたらラッキーという風に考えておいた方がいいでしょう。

多くのMVNOでは、インターネット上で契約申し込みを行えますが、その際、クレジットカード番号も入力します。


もし、そこでデビットカードの番号を入力して申し込みが受けつけられたらデビットカードでも料金を支払えるようになっている可能性が高いです。



反対に、「入力されたカードは使えません」といったエラーが表示された場合は、デビットカードを使えない可能性が高いでしょう。


過去に大手携帯キャリアと契約していて、料金未納歴がある場合はどうでしょうか。この場合、契約するつもりのMVNOが信用情報機関のデータを閲覧するのであれば、契約を断られることがあり得ます。

しかし、信用情報を見ないところであれば拒否される可能性は低いでしょう。


MVNOの関連情報

subpage1

基本的にMVNOサービスは、仮想移動体通信事業を展開しており、安い金額で携帯電話を使えるサービスプランを提供しています。毎月の利用料金を大手の携帯電話会社と比べると、5、000円程度安くなることから、携帯料金を節約したいユーザーの多くがこれらのサービスに乗り換えています。...

more

MVNOの情報分析

subpage2

MVNOサービスで格安SIMと格安スマホを同時に購入する場合、どういったことに注意すればいいでしょうか。まず、もっとも気をつけなければいけないのは、スマートフォンを分割払いで購入した場合です。...

more

MVNOについて情報

subpage3

大手携帯キャリアとMVNOの違いはやはり料金です。使いやすさなどは多少犠牲にしてでもスマホにかけているお金を減らしたいのであれば、MVNOに移行しない手はないでしょう。...

more

MVNOのサポート情報

subpage4

MVNOと契約するにあたって、縛りの有無は必ず確認しておきたいところです。縛りとはなにかというと、最低利用期間のことを指します。...

more